「グリーン成長戦略」支援 | ドイツ戦略コンサルティング
人気のサービス一覧トップ画像
           

「グリーン成長戦略」支援

本場欧州を分析し、差別化を。


ホーム > 「グリーン成長戦略」支援

作成日:2020年11月
更新日:2021年01月

               

日本、世界はグリーン経済圏へ向かう

               

菅首相、成長戦略「グリーンとデジタルを柱に」

「安倍・トランプ政権」から「菅・バイデン政権」へ移行し、日米では「グリーン成長」が国家戦略に掲げられた。「グリーン」はパリ協定(2015年)を契機に加速したトレンドであるが、日米の政権交代により世界の足並みが揃ったことになる。結果、「グリーン」と「デジタル」は、企業価値(株価)や企業成長を大きく左右する2大ファクターとなった。デジタル分野では米中に後塵を拝するが、欧州はグリーン分野では世界を牽引する本場であるため、注目に値する。

一方で「日本で収集する情報だけでは不十分。現地に精通した調査・コンサルティング会社がいない。」等の課題はございませんか?
弊社は、日常的な情報収集・単発での戦略調査・戦略コンサルティングを提供しております。 >> サービス詳細

economic-future
               

欧州分析で、日本政府のグリーン戦略を先読み

               

欧州グリーンディール政策を追随

日本市場を先読みするためにも、欧州のグリーン戦略(EUグリーンディール政策)を分析することには意味がある。EVやe-fuel、風力発電等、国内グリーン市場の成長速度は、日本政府の政策目標/規制次第である。また菅政権下の日本政府のグリーン戦略は、明らかに欧州を意識している。従来、日本が先行していた水素分野でも、2020年に策定された「EU水素戦略」を受け、そのビジョンが修正された。

EUの政策動向・戦略・規制をウォッチし続け、貴社専用データベースを作成したいと思いませんか?
弊社は、貴社が興味のあるテーマ・キーワードに関する欧州の政治動向を、代理で日常的に収集致します。 >> サービス詳細

EV
               

貴社のグリーン成長戦略を前へ

               

先行する欧州企業の戦略を分析

従来より欧州は、自然環境に関する意識や規制が厳しい。結果、欧州市場はグリーンビジネスが発展し、実力ある欧州企業の数も多い。例えば、世界の風力発電市場シェアの半分は欧州勢が占めている。中でもシーメンスエナジーは、洋上風力発電だけでなく、水素形態でのエネルギー貯蔵、モビリティ燃料(e-fuel)や各種工場でのエネルギー消費まで、エネルギーバリューチェーン全体を脱炭素化させたインフラ再設計を見据えている。一方、グリーン成長力を取り込みたい一部の日本・中国企業は、シーメンスガメサ等の欧州企業買収に強い興味を示している。

欧州企業の動向分析、スタートアップ/テクノロジー企業の発掘等に課題はございませんか。
弊社は、欧州企業分析、戦略検討、買収支援等、欧州から貴社を支援致します。 >> サービス詳細

e-fuel




お問合わせ

欧州に関するご相談ならば、弊社にお任せ下さい。お問合せ内容を以下フォームに入力の上、送信ボタンを押下ください。通常、1〜3営業日以内に、ご返信致します。