積水化学Vision 2030を発表 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > 積水化学Vision 2030を発表

積水化学Vision 2030を発表

積水化学は2020年5月22日、長期ビジョン「Vision2030」を発表した。

(出所) Vision2030

ビジョンでは1兆円の売上規模を2030年までに2兆円とすることを目指すとの目標が掲げられている。またESGが強調されてており、かつ企業価値にとって重要な指標であるROICを導入したということより、長期的な株価向上を意識していることがうかがえる。

また積水化学はカンパニー制を導入しているが、ビジョンでは主に4つの事業ドメインごとに目標が設けられている。

  1. レジデンシャル
    住宅カンパニーの目標。2019年売上5,100億円から7,500〜8,500億円へ成長を目指す。まちづくり・AI/IoT活用へ事業領域を広げる。
  2. アドバンンストライフライン
    環境・ライフラインカンパニーの目標。2019年売上3,000億円から5,000〜5,500億円へ成長を目指す。脱化石資源依存、次世代交通・エネルギー・空間快適化等へ事業領域を広げる。
  3. イノベーティブモビリティ
    高機能プラスチックカンパニーの目標。2019年売上2,500億円から4,500〜5,000億円へ成長を目指す。航空機・移動体、次世代交通・エネルギー・空間快適化等へ事業領域を広げる。
  4. ライフサイエンス
    メディカル事業の目標。2019年売上750億円から2,000〜2,500億円へ成長を目指す。細胞培養ソリューション、医療用樹脂材料へ事業領域を広げる。



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–