Daimler、AI分野のパートナーをBMWから米Nvidiaへ | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > Daimler、AI分野のパートナーをBMWから米Nvidiaへ

Daimler、AI分野のパートナーをBMWから米Nvidiaへ

daimler-nvidia

BMWとダイムラーは、2019年よりBMWとモビリティの多くの分野で協業を開始していた。自動運転分野に関しても2019年7月より提携を本格始動していた。しかし、2020年6月19日、両者で検討を重ねた結果、自動運転技術の共同開発を一時中断し、今後はそれぞれ独自に開発を続けると発表されていた。
このように自動運転分野でBMWと距離をとった直後である6月23日、ダイムラーは米半導体のNvidiaとAI分野のパートナーと決めたことを発表した。

Nvidiaは何十年もの間、グラフィックスカードメーカーから、人工知能、機械学習、スーパーコンピューティングの分野でヘ発展を続けている。Nvidiaとは合弁会社設立などは考えておらず、技術提携である。しかし技術の独占提供はしない。またNvidiaアーキテクチャは、BMWが使用するIntelテクノロジーと互換性がない。

ダイムラーのメルセデスでは、今後2024年末までにNvidiaのハードウェアとソフトウェア(「Nvidia Drive」)に基づくソフトウェアプラットフォームに徐々に変換する方針である。


尚、ダイムラーとBMWの提携に関しては、2019年に折半出資により新たな合弁会社を5社、ドイツ・ベルリンに設立し、それぞれ「REACH NOW」、「CHARGE NOW」、「FREE NOW」、「PARK NOW」、「SHARE NOW」と命名していた。

REACH NOWはアプリでカーシェアやサイクルシェア、バスや電車といった公共交通機関などさまざまな選択肢を提示し、予約や決済サービスも提供する。CHARGE NOWでは、充電ステーションを簡単に見つけ、充電し、支払いができる。FREE NOWは、欧州最大のタクシーアプリを利用して、タクシーを呼ぶことができる。PARK NOWは、チケット不要、キャッシュレスの駐車支援サービスである。SHARE NOWは、世界の複数の大都市で多くのシェア車両を運用している。

また2019年12月には、両社のモビリティサービス事業を統合した新会社5社を、2020年1月1日付けで3つの柱に再編する成長戦略も発表した。3つの柱は、FREE NOW、SHARE NOW、PARK NOW&CHARGE NOWである。



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–