BASF「企業戦略2018」の概要 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > BASF「企業戦略2018」の概要

BASF「企業戦略2018」の概要

2018年11月にBASFが発表した新企業戦略では、「利益」と「CO2-neutral」がキーワードである。

BASFの企業戦略

2018年11月、BASFは「BASF Corporate Strategy(BASF企業戦略)」を発表した。BASFの新企業戦略では「利益」と「CO2-neutral」を両面ともに成長させることを目指す。またBASF取締役会会長のDr.マーティン・ブルーダーミュラーは「新しい戦略により、BASFを成長軌道に乗せる」と述べている。

同企業戦略では、以下の目標が設定された。

  • 顧客にとってより魅力的な会社になることで、世界の化学品市場を上回る成長を目指す
  • フェアブント(統合生産)、イノベーション、サステナビリティ、デジタル化、オペレーショナルエクセレンスの強みを磨き上げる
  • サステナビリティに大きく貢献する製品による売上高を2025年には220億ユーロに
  • 特別項目控除前EBITDAを年率3%から5%増加
  • 連続増配の継続

BASFの組織再編

更に、BASFは事業セグメント構造の見直しを行い、2019年1月より組織体制を再編する。新組織は以下6つの事業セグメントで構成される。

  1. ケミカル
    石油化学品、中間体

  2. マテリアル
    パフォーマンスマテリアルズ、モノマー

  3. インダストリアル・ソリューション
    ディスパージョン & ピグメント、パフォーマンスケミカルズ

  4. サーフェステクノロジー
    触媒、コーティングス

  5. ニュートリション&ケア
    ケア・ケミカルズ、ニュートリション & ヘルス

  6. アグロソリューション

尚、BASFは2018年8月にバイエルの一部事業を買収(4500人の社員が)することで、アグロソリューションを強化している。



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–



(記事作成の参考にした情報源)