日産「NISSAN NEXT」事業構造改革計画 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > 日産「NISSAN NEXT」事業構造改革計画

日産「NISSAN NEXT」事業構造改革計画

概要

  • 日産は事業構造改革計画「NISSAN NEXT」を発表
  • 日米中のコア市場へ集中し、他市場では撤退はしないがスリム化
  • 電動化、自動運転技術への投資は継続


日産は2020年5月、事業構造改革計画「NISSAN NEXT」を発表した。
NISSAN NEXT
日産は、「最適化」「選択と集中」であると語った。
具体的には今後、コアマーケットと定める日本・中国・北米にリソースを集中させること、欧州・ラテンアメリカ・ASEANでは事業継続するがスリム化させる。また2023年度までに車種数を20%削減(69 から55車種以下)し、グローバルに魅力と競争力を発揮できるモデルにリソースを集中する。また、電動化の推進、先進運転支援技術の拡大方針も継続する。2023年度末に営業利益率5%、マーケットシェア6%レベルを目指す。

【米国】

  • 北米工場の最適化
  • より小売に重点を置いたビジネスへ
  • SUV・ピックアップセグメントの商品力を強化

【日本】

  • 電動化を強力に推進し、毎年新車を導入
  • 電気自動車、先進運転支援技術におけるリーダーを継続


【中国】

  • ブランド強化のため、ニッサン・インテリジェント・モビリティ(NIM)に明確にフォーカスして 存在価値を高めることを継続


【欧州】

  • 電動化を強化し、持続可能な市場占有率の獲得
  • クロスオーバーSUVにフォーカスし、アライアンスのアセットを活用
  • バルセロナ工場閉鎖に向けた協議と準備


【その他】

  • インドネシア工場の閉鎖



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–