コンティンジェント企業価値評価法とは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > コンティンジェント企業価値評価法とは?

コンティンジェント企業価値評価法とは?

knowledge
  • コンティンジェント企業価値評価法(Contingent Valuation Approach)とは、プロジェクトや事業等、投資を進めるかどうかを意思決定するための手法である。
  • 通常、経営者は、経済環境の変化に合わせて事業計画や戦略を変更する必要がある。コンティンジェント企業価値評価法は、このように経営上起こりえる事象に対して、自由度を持って対応したい場合に利用する考え方である。
    尚、自由度とは、経営者が何かが起こった時に対応するために、複数の計画のなかから選択可能である状態を指す。
  • コンティンジェント企業価値評価方(=経営上の自由度の評価手法)には、リアルオプション法(ROV: Real-Option Valuation)と、ディシジョンツリー分析法(DTA: Decision Tree Analysis)の2種類のアプローチがある。この2つの手法は双方とも、明示的、または暗黙的に、経営環境と経営判断を条件に、将来の営業キャッシュフローを予測し、現在価値を計算する手法である。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–