Amazonは60ドルで、アレクサをドイツ車へ販売 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > Amazonは60ドルで、アレクサをドイツ車へ販売

Amazonは60ドルで、アレクサをドイツ車へ販売

Amazonは音声アシスタントAI製品であるアレクサを自動車用に開発した。このAmazon製品はプラグ接続またはBluetoothで自動車に接続可能であり60ユーロ程度の価格となる。またドイツのアマゾンアレクサを担当者によると、既にドイツで当該製品を搭載した自動車が走っているという。

自動車内部のソフトウェアは未来のドル箱となるビジネスであるため、自動車メーカーや巨大ソフトウェア会社で主導権を争っている。例えばスマートフォンの場合では、AppleのiOSとGoogleのAndroidはアプリ売上の約30%を徴収しているため、オペレーティングシステムの開発はまさにドル箱になるということだ。実際にフォルクスワーゲンやダイムラーは「自動車版Windows」の開発を進めている。

コンサルティング会社McKinseyの調査によると、自動車ソフトウェアの市場は現状の340億ドルから2030年までに約84億ドルに成長すると予測されている。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–