ドイツ国民の80%は、化粧品業界が環境努力不足だと回答 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ドイツ国民の80%は、化粧品業界が環境努力不足だと回答

ドイツ国民の80%は、化粧品業界が環境努力不足だと回答

ドイツでは、サステナビリティはニッチでなくもはや社会問題の中心となっている。ドイツ大手化粧品メーカーであるHenkelやBeiersdorf (ニベアブランド)でも他業界と同様、環境に配慮しているアピールをしている。例えば、Henkelでは2025年までに、クリームと瓶の梱包材をすべてリサイクルし、そのためにパッケージコストの20%負担を受け入れるとの目標を掲げている。

しかし、ドイツ化粧品業界団体VKEの調査では、回答者の5人のうち4人が「化粧品業界は環境配慮不足である」と回答している。

 

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–