日本のR&D投資額は主要国で3位。課題は、投資額でなく投資効率。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > 日本のR&D投資額は主要国で3位。課題は、投資額でなく投資効率。

日本のR&D投資額は主要国で3位。課題は、投資額でなく投資効率。

主要国のR&D投資意欲を測る指標として、主要各国のGDPに対するR&D投資の割合を比較した。2018年までの過去5年間のデータを見ると、日本は主要10ヵ国中3位の高水準にある。更に、R&D投資額の観点から見ても、主要10ヵ国中3位(2017年)であるため、少なくとも統計データ上では決して努力が足ないわけでない。むしろ2002年以来、GDP比3%以上のR&D投資を継続する日本を評価したい。

GDPに対するR&D投資の割合(%)

順位国名20142015201620172018
1韓国4.14.04.04.34.5
2スイス-3.4-3.4-
3日本3.43.33.23.23.3
4ドイツ2.92.92.93.13.1
5アメリカ2.72.72.82.82.8
-OECD全体2.32.32.32.42.4
6フランス2.32.32.22.22.2
7中国22.12.12.12.2
8イギリス1.61.71.71.61.7
9カナダ1.71.71.71.71.6
10イタリア1.31.31.41.41.4

2017年のR&D投資額(百万USD)

順位国名2017年
(百万USD)
1アメリカ533,313
2中国484,480
3日本 169,203
4ドイツ125,175
5韓国88,148
6フランス62,002
7イギリス47,328
8イタリア31,639
9カナダ27,736
10スイス18,469

注)R&D投資は、各国で活動する企業、研究所、大学および政府研究所などが実施した研究開発への総支出

出所:OCED

 

しかし過去10年間の日本のGDP成長率は、残念ながら主要10ヵ国中9位と低い。

R&D投資の本質は、長期的な経済成長(GDP成長)への貢献だと考える。また「R&D投資額 × 投資効率(リターン) = 経済成長(GDP成長率)」と単純化して考える。こうすると、R&D投資額は十分であるため、日本のR&D投資に足りない要素は「投資効率(リターン)」であることが明白になる。投資効率を上げるために、投資する研究テーマを吟味する、人への投資方針を見直す、投資配分を変える等、様々な方法/課題があると考える。投資効率を上げるためには、仮説を持った上で、投資効率の良い国の成功要因を分析することが欠かせない。

余談ではあるが、日本の現場レベルでは既に課題の仮説を持たれているがアクションまで至っていない企業もあると考える。例えば、欧州で長く活動する日本企業の方とR&Dについても議論した際に、「日本企業は人や設備投資(Development)にはお金を十二分に費やすが、投資分野についてしっかりと調査/戦略を立てること(Research)の価値を軽視して予算がつかない。社内へ声を上げても効果がない。」と言われておられた。実際、日本の調査/戦略コンサルティング(※業務/ITコンサルは除く)の売上総額は、マッキンゼーのドイツ支社単体の売上高にも満たない。

いずれにしても、投資効率(リターン)を上げるための努力が、今後の日本には求められる。

 

過去10年間(2009-2018年)の平均GDP成長率

順位国名平均GDP 成長率
(2009-2018の10年間)
1中国7.9%
2韓国3.1%
3アメリカ1.8%
4カナダ1.7%
5スイス1.5%
6ドイツ1.3%
7イギリス1.3%
8フランス0.9%
9日本0.7%
10イタリア-0.3%

出所:World bank

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–