コトラーの競争地位戦略とは?マーケットリーダーとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > コトラーの競争地位戦略とは?マーケットリーダーとは?

コトラーの競争地位戦略とは?マーケットリーダーとは?

knowledge

コトラーの競争地位戦略とは、マーケットシェアの大小(競争地位)に着目し、企業の戦略目標を4つに分類・提示する理論である。また最大のマーケットシェアを持つ企業を、マーケットリーダと呼ぶ。

1980年にフィリップ・コトラーが提案した競争戦略の理論である。マーケットシェアの観点から企業を以下4つに類型化した。

  1. マーケット・リーダー
    最大のマーケットシェアを持ち、業界を牽引する主導的立場にある企業。
    自社のシェアを維持、増大させるだけでなく、市場全体を拡大させることが戦略目標となる。
  2. マーケット・チャレンジャー
    業界で2、3番手に位置し、リーダーに挑戦しトップを狙う企業。
    一般にシェアが高まると収益性が高まることがわかっているため、攻撃対象を明確にし、競合他社の弱点をつくなどしてシェアを高めることを戦略目標とする。
  3. マーケット・フォロワー
    業界で2、3番手に位置し、業界トップになることを狙わずに競合他社の戦略を模倣する企業。
    製品開発コストを抑え、高収益の達成を戦略目標とする。
  4. マーケット・ニッチャー
    シェアは高くないが、ニッチな市場(隙間産業)で独自の地位を獲得しようとする企業。商品・販売チャネルを限定する等、専門分野を強化することで収益を高めることを戦略目標とする。

 

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–