ロックダウン後のドイツ。従業員のテレワーク率は4.5%にまで低下。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ロックダウン後のドイツ。従業員のテレワーク率は4.5%にまで低下。

ロックダウン後のドイツ。従業員のテレワーク率は4.5%にまで低下。

workplace

マンハイム大学によると、ドイツではコロナ危機によりピーク時(3月)には30%の企業が、従業員のテレワーク(ホームオフィス)を採用していた。しかし6月22日時点でのテレワーク率は、わずか4.5%と大幅に低下した(輪番制を含めると23.2%)。

総務省の発表によると、ドイツは日本よりはテレワークは進んでいるものの、テレワーク普及率はアメリカよりは進んでいない。

コロナ前のドイツのテレワーク比率は、8%程度であると推測する。
(総務省によると、頻繁にテレワークをしている労働者は3.2%、時々テレワークする労働者は7.7%。)。

つまり、テレワーク率は以下のように推移している。

  • コロナ前:8%
  • コロナ最悪期:30%
  • ロックダウン後:4.5%

 

コロナ以前の水準までは戻っていないが、多くの従業員が出社し始めていることがわかる。

 

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–