ボッシュ戦略方針2019の概要 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > ボッシュ戦略方針2019の概要

ボッシュ戦略方針2019の概要

ボッシュは2019年12月に、下記の戦略方針を公表した。

  • ボッシュは自動運転、eモビリティ、モノのインターネット化に重点を置いている。これらの分野でリーディングサプライヤーになるという私たちの目標に変わりはない。

  • 現在、ボッシュの製品種目の60%以上がウェブ接続に対応している。私たちは、2025年までにボッシュのすべての電子製品にAI(人工知能)を搭載するか、またはAIが電子製品の開発・製造に関わるようにすることを目指している。

  • ボッシュの目標は、車両の電動化、自動化とネットワーク化、そしてコネクテッドモビリティサービスの分野でリーディングサプライヤーの一つになることだ。

  • ボッシュはAIセンター(BCAI: Bosch Center for Artifi cial Intelligence)の拡充を続け ており、テクノロジー企業 として私たちはAI手法のリーダーになることを目指している。

  • ボッシュはカギとなるIoTエコシステムを形作るために主要な役割を担いたいと考えている。プロジェクトは、モビリティからスマートホームソリューション、都市インフラのネットワーク化から農業にまで及び、製品だけでなく製造と物流管理プロセスも含んでいる。


(参考)ボッシュ、水素事業を加速。



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–



(記事作成の参考にした情報源)