コンチネンタルの成長戦略2020 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > コンチネンタルの成長戦略2020

コンチネンタルの成長戦略2020

コンチネンタルの売上規模は約445億ユーロであり、ボッシュとデンソーに次ぐ自動車部品サプライヤーとしては世界第3位に位置づけられる(尚、4位はMagna、5位はZF)。
2020年4月時点のコンチネンタルが発表した成長戦略では、以下のように売上構成をリバランスすることが掲げられている。
成長戦略

  • 地域
    欧州・アメリカ・中国から大半の収益をあげているが、欧州の売上比率が高すぎる(60%以上)ことが課題であった。アジアの売上比率を高め、欧州の売上比率を下げることを10年以上前から取り組んでいる。2009年には売上比率が60%以上であった欧州市場の比率は、2019年には50%を切るまでになっている。アジアの売上比率は、2009年の14%から、2019年の22%まで高まっているが、今後30%まで高めることを目指す。
  • 顧客ポートフォリオ
    2019年の売上構成では、自動車OEMが71%である。将来、自動車以外の顧客からの売上比率を4割まで高めることを目指す。


またコンチネンタルの事業領域である5つの事業名称と、各々が目指す市場ポジションの目標は、以下の通りである。

  • 【A Autonomous Mobility and Safety(AMS)
    ※再編前名称は「Chassis & Safety」
    (事業領域):Among the top three for Electronic Brake Systems, Foundation Brake Systems,Actuation, Airbag Electronics and Advanced Driver Assistance Systems worldwide
  • B VehicleNetworkingandInformation(VNI)
    ※再編前名称は「Interior」
    (事業領域):Among the top three for Body & Security, Instrumentation & Driver HMI, Infotainment& Connectivity and Commercial Vehicles worldwide
  • C. Tires
    (事業領域):Number four tire manufacturer of the world, also in top positions in individual segments and markets
  • 【D】ContiTech
    (事業領域):The world’s leading supplier of technical elastomer products and a specialist in thermoplastics technology
  • 【E】Vitesco Technologies
    ※2019年4月の分社化前の名称は「Powertrain」
    (事業領域):One of the world’s leading suppliers for powertrain technologies


上記A-Eの事業部を、3つの技術部門の下部組織に配置するように、2020年1月にコンチネンタルは組織体制へと再編している。

  1. 自動車技術部門(Automotive Technologies)
    A. Autonomous Mobility and Safety(AMS)
    B. VehicleNetworkingandInformation(VNI)
  2. ゴム技術部門(Rubber Technologies)
    C. Tires
    D. ContiTech
  3. パワートレイン技術部門(Powertrain Technologies)
    E. Vitesco Technologies



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–