コンチネンタル、タイヤ事業戦略「Vision 2030」を発表。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > コンチネンタル、タイヤ事業戦略「Vision 2030」を発表。

コンチネンタル、タイヤ事業戦略「Vision 2030」を発表。

continental

戦略プログラムの変遷

コンチネンタルは2020年12月16日、タイヤ事業の新戦略プログラム「ビジョン2030」を発表した。コンチネンタルは、プレミアムタイヤを中心としたスマートデジタルソリューションのエコシステム全体を構築している。モビリティ業界におけるエレクトロニクス、センサーシステム、ソフトウェアの世界最大級のサプライヤーである。
前回の戦略プログラム「ビジョン2025」により、コンチネンタルはタイヤ事業で大幅に世界市場シェアを拡大させた。現在、同社は乗用車用タイヤで世界3位、トラック用タイヤで世界第4位のシェアを獲得している。今回の新戦略プログラムでは、このサクセスストーリーを次のステージへ進めたいと考えている。

戦略「ビジョン2030」

「ビジョン2030」の焦点は、すべての事業活動を顧客中心に体系的に整合させ、さらなる収益性の高い成長を目指すことにある。スマートなデジタルタイヤソリューションと、野心的なサステイナビリティ目標を実現させることにより、競合との差別化を図り、同社を成功へ導く方針である。
コンチネンタルは顧客や他のテクノロジー企業との開発パートナーシップを組織的に結んでおり、このアプローチにより、タイヤ事業部は2030年までにサービスベースのデジタルソリューションのグローバルリーダーになることを目指している。
同社はすでに多くの顧客に、走行距離の保証サービス等のタイヤサービスを提供している。またセンサーとソフトウェアの助けを借りて、お客様がタイヤの状態をモニターすることが可能なスマートタイヤも提供している。更に現在、タイヤ・センサー・遠隔測定等のデータを、クラウドでネットワーク化することにより、付加価値を生み出すパイロットプロジェクトを実施している。将来的には、タイヤの整備や交換が必要なタイミングで、それを正確に実施することを可能にするスマートデジタルソリューションの提供を見据えている。これは、安全性と生産性の大幅な向上につながると同時に、コストの削減にもつながる。
(参考)ビジョン2030

注力エリア

特にアジアと北米の成長市場でのシェア拡大を目指す。
乗用車・小型トラック用タイヤセグメントでは、電気自動車用タイヤや超高性能タイヤでグローバルビジネスの拡大に注力する。一方、トラック・バス用タイヤセグメントでは、Conti360°フリートサービスの提供を全地域での主な成長ドライバーとする計画である。またコンチネンタルの特殊タイヤ事業では、特に農業用タイヤ分野でさらなる成長を見込んでいる。尚、コンチネンタルの特殊タイヤ事業では、二輪車用タイヤやレース用タイヤに加え、さまざまな産業用タイヤをカバーしている。

サステイナビリティへの本気度

コンチネンタルは野心的なサステイナビリティ目標を設定している。2030年までにタイヤ業界で最も進歩的なメーカーになることを目指す。更に2050年までに、タイヤ製品において「持続可能な方法で生産された素材」を100%使用することを目標としている。この素材の定義は「人間や環境に有害な影響を与えず、責任を持って調達され、サプライチェーンに沿ってカーボンニュートラルで生産された商品」である。これを実現させるため、2020年4月には、世界中の関連するすべてのプロジェクトと活動を、新たに設立したサステナビリティ部門の傘下に収める組織設計とした。当組織が取り組む範囲は、気候変動対策、低排出モビリティ、循環型経済、持続可能なサプライチェーンといった戦略的なテーマを中心に、バリューチェーンのあらゆる段階を包含している。
生産、使用、リサイクルの面で、よりエネルギー効率が高く、環境に優しい未来のタイヤを実現するために、コンチネンタルは新技術、代替材料、環境に適合した生産プロセスの分野での研究開発に体系的に投資している。例えばタンポポから天然ゴムをすでに生産しており、代替原料の供給源を切り開いている。



(参考)コンチネンタルの成長戦略2020。


ドイツ戦略コンサルティングは、グリーン分野での先端地域である欧州より、日本本社へ戦略コンサルティングを提供しております。欧州地域の戦略だけでなく、日本本社がグローバル戦略を検討する上で必要な戦略調査等の課題は、弊社へご相談ください。

サービスについて
【推奨サービス】「グリーン成長戦略」支援
お問合わせフォーム



(記事作成の参考にした情報源)