BEV世界市場で最も有望な地域は欧州である。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > BEV世界市場で最も有望な地域は欧州である。

BEV世界市場で最も有望な地域は欧州である。

EV

日本企業が最もBEVに注力すべき地域は欧州である。

欧州の2019年のBEV販売台数は世界2位の規模であり、成長率は世界最大である。また販売台数1位の中国市場と違い、欧州市場はポリティカルリスクが低い。さらに中国やアメリカは政策方針が影響してBEVの販売成長率は低く見通しがつきにくいが、逆に欧州各国はBEVに注力していることから今後も成長が見込まれる。

尚、前年度までは欧州は、中国・アメリカに次ぐ世界3位のBEV販売地域であったが、2019年はアメリカを抜き世界2位となった。それは欧州は政府/市民が強い環境意識が数字に反映された結果であることに加え、トランプ大統領がBEVに反対の立場をとっているため、アメリカの成長率は前年度とほぼ横ばいになったためでもある。

BEV販売台数(千台)

BEV販売上位地域2018年2019年
中国816830
欧州197340
アメリカ239240
その他地域90100

注)2019年台数の1桁目は四捨五入

(出所)IEAより

 

さらに、欧州ではコロナの影響により2020年1-3月期の自動車販売台数が落ち込む中、BEV(バッテリーのみを動力とする自動車)の販売台数は、前年比+58% と大幅に増加した。

 

 
—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–