DXの欧州事例1: Audiのショールーム改革(Audi City) | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > DXの欧州事例1: Audiのショールーム改革(Audi City)

DXの欧州事例1: Audiのショールーム改革(Audi City)

digital

欧州企業のDXに関する事例紹介シリーズ。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?

今回はAudiのショールーム改革について簡単に紹介する。

 

都市型ショールームAudi City

Audiは販売促進ツールとして「Audi City」と名付けたショールームソリューションを2012年に導入した。Audi Cityは都市型ショールームであり、通常のアウディショールームの平均面積から半分ほどのコンパクトな店舗としつつ、バーチャルテクノロジーを駆使することでユーザーごとの希望に合ったオプション装備などを付加した車両を可視化させることが可能となる。Audi Cityでは、巨大な高解像度ディスプレイの前に設置されたタッチスクリーン端末が設置されている。顧客は自動車とその装飾を選択し、色からインテリアの細かな部分まで多数の組み合わせを試し、この巨大なディスプレイで実物大の自動車を表示させることができる。

 

DXの効果

Audi Cityは、ベルリン、ロンドン、北京等、世界に6店舗ある。

東京にもある。

ロンドンのAudi Cityの売上高は、従来のアウディショールームと比較して売上高が60%増加した。さらに、在庫が4台しかないため、顧客の基準に合わないことが多い大量の在庫を保持する必要がある場合のコストが削減させることもできた。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–