フォードの地域戦略方針2020 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > フォードの地域戦略方針2020

フォードの地域戦略方針2020

フォードの地域戦略

フォードは、“Fix, Accelerate, Grow”イニシアチブのもと戦略を推進している。フォードは「北米・欧州・中国・欧州・その他世界」ごとに戦略を定めており、2020年2月時点での地域戦略の方針は下記の通りである。

【北米】

  • 利益率を10%へ引き戻す
  • 製品ポートフォリオを大幅に変革し、資本を適切に配分させる
  • 計画に対する実行力と競争力を改善


【欧州】

  • 欧州事業を抜本的に再設計する
  • 「商用車、乗用車(特にEV)、シンボルとなる輸入車」の3グループに区別した事業設計
  • 2021年のCO2規制基準値の達成のためのコンプライアンス対応

【中国】

  • 迅速にビジネス基盤を再構築し、顧客とディーラの信頼を回復
  • ディーラーと自社の健全な収益性
  • 2021年までに30種以上の製品投入(+製品のローカライゼーション)


【南米】

  • 進行中の事業を再設計し長期戦略へと昇華させる
  • 資産を軽くし、低リスクなビジネスモデルにする
  • 中大型トラックなど既存の不採算事業は中止する
  • 車両ラインや人員を40%削減する

【その他の世界】

  • 100近くある高成長の新市場へ焦点を当てたビジネス展開
  • インドではマヒンドラとのJV事業を成功させる
  • ロシアでのJVを再編し、高収益化させる

戦略の総括

地域戦略を総括すると「高収益化体質へ向けた事業の再設計」だと言える。具体的には、米国と中国では利益率(収益性)、南米では大幅なコスト削減を課題としている。さらにパリ協定後に加速した昨今の市場の流れを汲み、当該分野で特に重要市場となる欧州ではEVを意識した戦略方針を掲げている。

(参考)BEV世界市場で最も有望な地域は欧州である。
(参考)コロナ危機でも、欧州のBEV市場は58%と大幅成長



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–



(記事作成の参考にした情報源)