Volvoはブロックチェーン技術により、サプライチェーンを監視。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > Volvoはブロックチェーン技術により、サプライチェーンを監視。

Volvoはブロックチェーン技術により、サプライチェーンを監視。

blockchain

ボルボは電気自動車のバッテリーに使用されるコバルトを追跡するために、ブロックチェーン技術を活用する。ボルボはCATLとLG化学からバッテリーを調達している。この両グループは、今年後半に発売されるボルボ初のBEV(電池のみで走る自動車)であるVolvo XC40に搭載するバッテリーで、ブロックチェーン監視システムを使用することに合意した。

EVバッテリーの原料であるコバルトは、コンゴ民主共和国で多く発掘される。しかしコンゴの鉱山では、児童労働の取締りを行わずにコバルトが生産されている。このため自動車業界だけでなく、Apple、Dell、Microsoft等、多くの企業が人権侵害に加担したと世界で非難の声が高まっている。

この背景があり、ボルボは、コバルトなどの電池材料のサプライチェーンを監視するために、ブロックチェーン企業に投資していた。同社は「材料のトレーサビリティは私たちにとって非常に重要である。私たちは鉱山の現場で、子供が働かされていないことを確認したい。ブロックチェーンにより、確認が可能となる。」とコメントする。

尚、ボルボ今後、サプライチェーン全体でCO2排出量削減のために、この技術を活用することも想定している。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–