国際競争力を持つ優良企業。ドイツの「隠れたチャンピオン」 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > 国際競争力を持つ優良企業。ドイツの「隠れたチャンピオン」

国際競争力を持つ優良企業。ドイツの「隠れたチャンピオン」

king

「隠れたチャンピオン」とは、ハーバード大学・スタンフォード大学・マサチューセッツ工科大学・ロンドン大学・慶應大学等で教鞭を執っていたドイツ人、ハーマン・サイモン教授が1980年代より提唱した概念である。

サイモン教授によると隠れたチャンピオンの基準は以下、3つある。

  • 世界市場で3位以内に入るか、大陸内で1位である。
  • 売上高が40億ドル以下である。
  • 世間からの注目度が低い。

隠れたチャンピオンは世界シェアが高いだけでなく、利益率が高く、持続的な競争優位性を持つ魅力的な優良企業が多く、ドイツ・アメリカ・日本・北イタリア・北欧に多く所在する。また2015年時点で隠れたチャンピオンは、世界に2000社以上になり、その67%はドイツ語圏(ドイツ・スイス・オーストリア)である。このような理由もあり、日本企業からドイツでのM&Aの相談を受ける際に、最初からこれらの企業をターゲットとして名が挙げられることが多い。(しかしドイツの隠れたチャンピオンは、ドイツの地方中堅企業というケースが多々あり、そのためドイツ語でしか取得可能できない情報が多い。英語・日本語で調査を進める日本のやり方では十分な情報が取得できておらず、そのことに気づいていない日本企業も多い現状は、国益を損ねているため誠に残念である。)

下記で、ドイツの隠れたチャンピオンの一例を挙げる。

  • バーダー(世界市場シェア80%)
    リューベックを拠点とするバーダーは、魚の処理システムの世界屈指のサプライヤーである。
  • デロ(世界市場シェア80%)
    銀行カードやパスポートチップ、スマートフォン等、多くの分野でデロの接着剤が用いられている。
  • ランタル(世界市場シェア60%)
    ランタルはドイツの小さな町、ランゲンタールの略称だ。カスタマイズの旅変機用内装を手掛けるグローバル・リーダーはこの町を本拠としている。ボーイング、エアバスなど300以上の航空会社を顧客としている。当然ながら、シンガポール航空のラッフルズ・クラス、ルフトハンザのファースト・クラスとビジネス・クラスは、ランタルが設計したもの地位、典型的な特徴がわかるはずだ。
  • WET、ベバスト(世界市場シェア50%)
    冬の寒い時期に、自動車のシートが温かくするヒーティング技術に、世界市場リーダーのWET自動車システムが用いられている。
  • エネルコン(世界特許シェア40%)
    風力タービン業界の主要企業の一つであり、風力発電分野の明白な技術リーダーである。世界の風力発電に関する特許の40%以上を持つ。

尚、日本でも浜松ホトニクス(工業・医療に応用される光源)や、日本写真印刷(小型タッチパネル)が隠れたチャンピオンに該当する。

このように、ドイツでは隠れたチャンピオン企業が数千とある。しかし、隠れたチャンピオン企業の多くはバリューチェーンの後背部で活動することが多いため、消費者の意識にのぼらないため、気づかれず存在している。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–