ドイツ語の財務諸表①:損益計算書の分析 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ドイツ語の財務諸表①:損益計算書の分析

ドイツ語の財務諸表①:損益計算書の分析

finance

ドイツ語での損益計算書の読み方について解説する。ドイツ語で財務諸表を読むことできると情報の幅が広がり、ドイツ企業を深く分析することが可能になる。

なぜならドイツには買収したくなるような中堅企業が多数あるにも関わらず、その財務諸表はドイツ語のみで書かれていることが一般的だからだ。(※但し、SpeedaやS&P等の有料サービスでも財務諸表は取得可能だが、それは最新版でなかったり、売上のみ取得可能だったりすることが多くある。)

損益計算書(Gewinn- und Verlustrechnung)

 #(日本語)(ドイツ語)
1売上高Umsatzerlöse
+/-2完成品/仕掛品の調整Bestandes an fertigen und unfertigen Erzeugnissen
+3その他の営業収益Sonstige betriebliche Erträge
-4材料費Materialaufwand
5粗利益Rohergebnis
-6人件費Personalaufwand
-7減価償却費Abschreibungen
-8その他の営業費用Sonstige betriebliche Aufwendungen
9営業利益(EBIT)Betriebsergebnis
+/-10営業外収益/費用 Sonstige Zinsen und ähnliche Erträge
11税引前当期純利益Ergebnis vor Steuern
-12税金Steueraufwand
13税引後当期純利益Ergebnis nach Steuern

 

ドイツ会計基準では、総原価法(Gesamtkostenverfahren)と売上原価法(Umsatzkostenverfahren)のどちらかの方法で損益計算書を作成することが認められる。上表は、総原価法を採用した場合の損益計算書である。(経験上、この方法を採用している企業が多いように感じるからだ)。

また表最左部に演算子を入れている。「1. 売上(Umsatzerlöse)」から演算子を辿って計算することで、それぞれの数字を算出できる。

またM&A案件等では、EBITDAを算出したいと考える場合が多い。EBITDAは、以下のようにすれば算出できる。

『EBITDA = 営業利益( #9: Betriebsergebnis)+ 減価償却費(#7:Abschreibungen)』

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–