ドイツ語の財務諸表②:貸借対照表の読み方 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ドイツ語の財務諸表②:貸借対照表の読み方

ドイツ語の財務諸表②:貸借対照表の読み方

finance

ドイツ語での貸借対照表(Bilanz)の読み方について説明する。

前回はドイツ語の損益計算書(Gewinn- und Verlustrechnung)について説明した。

そこでも述べたが、ドイツ語で財務諸表を読むことできると情報の幅が広がる。
なぜならドイツには買収したくなるような中堅企業が多数あるにも関わらず、その財務諸表はドイツ語のみで書かれていることが一般的だからだ。(※但し、SpeedaやS&P等の有料サービスでも財務諸表は取得可能だが、それは最新版でなかったり、売上のみ取得可能だったりすることが多くある。)

 

貸借対照表(Bilanz)

資産の部(Aktiva)

  (日本語)(ドイツ語)
A固定資産ANLAGEVERMÖGEN
 無形資産 Immaterielle Vermögensgegenstände
 有形資産 Sachanlagen
 金融資産 Finanzanlagen
B流動資産UMLAUFVERMÖGEN
 在庫 Vorräte
 売掛金 Forderungen
 金融資産 Finanzanlagen
 現金預金 Zahlungsmittel

 

負債・資本の部(Passiva)

  (日本語)(ドイツ語)
A資本EIGENKAPITAL
 資本金 Gezeichnetes Kapital
 資本準備金 Kapitalrücklage
 利益剰余金 Gewinnrücklagen
 繰越利益/損失 Gewinnvortrag / Verlustvortrag
 小数株主資本 Anteile von Minderheiten
B長期債務Langfristige Schulden
C短期債務Kurzfristige Schulden

 

負債・資本の部は、ドイツでは資本から先に書くことになっている。また上表が基本的な貸借対照表であるが、会社ごとに発表する項目は多少異なる。

以下は、あるドイツの有名な中堅企業の貸借対照表である。貸借対照表(Aktiva)の基本的な構成は表で説明した通りであるが、異なる項目が多いことがわかる。この例では、特に負債・資本の部(Passiva)の項目にそれが多い。

Aktiva-sample(クリックで拡大)

Aktiva-sample

Passiva-sample(クリックで拡大)

Passiva-sample

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–