シーメンス「Vision2020+」戦略 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > シーメンス「Vision2020+」戦略

シーメンス「Vision2020+」戦略

概要
・シーメンスは2014年に「Vision2020」戦略を発表していた。
・その後2018年8月に「Vision2020+」戦略を発表した。
・Vision2020+では組織体制を「3つの事業会社」と「3つの戦略会社」と分類したカンパニー制へと再編したことが大きな変化である。

シーメンスの戦略の変遷

シーメンスが2014年に発表したVision2020戦略は、計画より早くかつ成功裏に概ね完了した。シーメンスAGの社長兼CEOのジョー・ケーザーは「過去4年間力を尽くした結果、ほぼすべての事業が利益を大幅に向上し、顧客満足度はかつてない程に高まり、デジタルファクトリー事業は、産業のデジタル化における市場リーダーとなっています。」と述べている。

2018年8月発表の「Vision2020+」戦略において、シーメンスは新成長分野であるIoT統合サービス、分散型エネルギー管理、電動モビリティ向けのインフラソリューション等へ投資による、成長ポートフォリオの強化を掲た。シーメンスが既に世界でマーケットリーダーの地位を獲得している産業デジタライゼーション分野の拡大により、産業関連ビジネスにおける年間売上の成長率と利益率を2%増加させる。また結果的に、1株当たり利益も向上すると考えている。
シーメンスの監査役会会長であるJim Hagemann Snabeは「監査役会は、シーメンスのさらなる戦略的な発展を支援していく。Vision 2020+は、次の10年間に向けて変革のスピードを加速し、シーメンスをさらに強固にしていくための素晴らしい計画であると確信している。」とコメントした。


戦略実現へ向けて組織を再編

同戦略実現へ向け、2018年8月発表時点の組織体制である5つの事業本部(Division)階層は無くし、3つの事業会社と3つの戦略会社を配置する。

3つの事業会社

  • 電力・ガス部門や電力マネジメント部門を主に統合する「ガス・電力カンパニー(GP)」(本社機能:米国)
  • 工場のデジタル化部門を中心とする「デジタル産業カンパニー(DI)」(本社機能:スイス)、
  • ビルテクノロジー部門などの「スマートインフラカンパニー(SI)」(本社機能:ドイツ)

3つの戦略会社

  • シーメンスが主要株主の連結子会社であるSiemens Healthineers(SHS)、
  • シーメンス・ガメサ・リニューアブル・エナジー(SGRE)、
  • シーメンスモビリティ(MO)

カンパニー制をとることにより、個々の事業に大幅に独立性を持たせることにより、各事業の意思決定を速める狙いがある。これにより、各事業がより市場にフォーカスし、社会や顧客のニーズの変化にも迅速に対応可能となるとシーメンスは考えている。

新体制は、新たな会計年度が始まる2018年10月1日より段階的に進め、2019年3月31日に完了する。

【更新】「戦略2020+」組織体制を再構築(2020年)
(参考)e-fuelで連携、ポルシェとシーメンスエナジー。
(参考)シーメンスは医療機器メーカーの巨額買収でインド・中国市場への布石を打つ。
(参考)企業価値を最大化させるシーメンスの組織改革



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–



(記事作成の参考にした情報源)