オフバランス化、リースのメリットとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > オフバランス化、リースのメリットとは?

オフバランス化、リースのメリットとは?

knowledge

オフバランス化は、財務指標を健全に保つことが可能となるオプションであるため、多数の企業が利用している。
通常、企業が資産を購入するために資金を借入れると、当該資産は貸借対照表に計上され、それに対応して負債が計上される。このことにより投資家が重視するROAやROICなどの財務指標の数値が低くなる。
しかしリース(オペレーティングリース)を利用する等、資産を購入(資産/負債計上)せずに分割払い(費用計上)することにより、このような財務指標の数値悪化を防ぐことができる。このような手段をオフバランス化と呼ぶ。米国上場企業の7割以上が利用している。
尚、オペレーティングリースは費用計上可能なためオフバランス化のメリットがあるが、フィナンシャルリースは資産負債計上(リース資産/リース債務)されるためオフバランス化の効果はない。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–