ROA、ROI、ROEとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ROA、ROI、ROEとは?

ROA、ROI、ROEとは?

knowledge

ROA、ROI、ROEとは、いずれも企業の投資収益性・効率性を評価する指標である。多くの企業が昔から利用しているクラシックな経営指標であり、以下式でわかるとおり、売上高を基準に算出される数字である。

  • ROA(Return On Asset、総資産利益率)
    ROA = 当期純利益 ÷ 総資産 ×100
    企業の所有する総資産に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値。
  • ROE(Return On Equity、株主資本当期純利益率)
    ROE = 当期純利益 ÷ 株主資本 ×100
    株主資本に対して、どれだけのリターンがあったのかを示す指標
  • ROI(Return On Investment、投下資本利益率)
    ROI = 当期純利益 ÷ 投下資本 ×100
    総資本から事業活動(特定事業)への投下資本(運転資本などの流動資産、有・無形固定資産など)を選別し、投下資本に対してどれだけのリターンがあったのかを示した値

一般的には上記のように定義されるが、企業によっては(特に、企業内部向けに利用する管理会計では)、式中の「Retern」を当期純利益でなく、売上高やEBIT等、他の数字を使うケースがあることに注意が必要である。

さらに、ROEでは株主資本と他人資本の割合を変更することで、容易に操作が可能な指標であることに注意が必要でる。ROIでは、投下資本を選別する際に恣意性が入り込む可能性があることにも注意が必要である。

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–