BMWはNorthvoltとEVバッテリー長期調達契約を20億ユーロで締結。 | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > 戦略ニュース > BMWはNorthvoltとEVバッテリー長期調達契約を20億ユーロで締結。

BMWはNorthvoltとEVバッテリー長期調達契約を20億ユーロで締結。

bmw

BMWはノースボルト(スウェーデン)からEVバッテリーを、長期的に調達する契約を締結したと発表した。契約金額は20億ユーロである。

Northvoltは、2社ある有望な欧州バッテリーメーカーの1つ。

BMWは2018年よりノースボルトと提携(資本参加)している。ノースボルトがスウェーデンに建設するギガファクトリーから2024年以降、EVバッテリーの供給を受ける。

またBMWは、既にCATL(中国)とサムスンSDI(韓国)からもEVバッテリーを調達することを決めている。

尚、電動車ではCO2排出量の40%が電池セルの生産で発生している。BMWはCATLとサムスンSDIに対しても、セル生産の電力を100%再生エネで賄うことを義務付けている。ノースボルトから調達するEVバッテリーも、生産に必要な電力をすべて再生可能ネルギーで賄うことこととなっている。ノースボルト側でも2030年までにリサイクル電池から原材料の50%を調達するという目標を設定しており、ノルウェーのアルミニウム会社であるHydro Voltと協力してプロジェクトを進めている。

セルの主要原料であるコバルトとリチウムはBMWとノースボルトが共同調達する。これにより、環境や人権上の問題がない原料を確保する。

BMWのニュースリリース原文



—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。 欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム —————————————————————————————–