ブルーオーシャン戦略とは?レッドオーシャンとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ブルーオーシャン戦略とは?レッドオーシャンとは?

ブルーオーシャン戦略とは?レッドオーシャンとは?

knowledge

ブルーオーシャン戦略とは、今まで存在しなかった新領域(新製品/新市場セグメント)に事業を展開していくことで、他社と競合することのない事業領域でビジネスする戦略方針である。

レッド・オーシャンとは、競合企業との競争過多により利益の出にくい構造となった事業領域を指しています。レッド・オーシャンでは、コモディティ化なども進みやすく、継続的に業績を上げることは困難となる。

ブルーオーシャン/レッドオーシャンは、2004年にINSEAD(欧州経営大学院)教授のW・チャン・キム (英語版)とレネ・モボルニュ (ドイツ語版)が著したビジネス書で発表された概念である。

ブルーオーシャン戦略の大きな特徴は、低コストと差別化を同時に実現する点である。従来の競争戦略論では、低コストと差別化を同時に実現することは困難である。しかし、ブルー・オーシャン戦略では、バリュー・イノベーションという方法を用いて、低コストを実現しながら、顧客に提供する付加価値を高めることを目指す。例えば、QBハウスは10分で低価格なヘアカットサービスを提供した。QBハウスの登場以前も低価格なヘアカットサービスはあった。しかし、徹底的に無駄の省略し、所要時間がわずか10分ということもあって時間のないビジネスマンから人気を集めた。

(原著の紹介)

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–