ファイブフォース分析とは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ファイブフォース分析とは?

ファイブフォース分析とは?

knowledge

ファイブフォース分析とは、業界における競争の性質を決める要因を5つ(競合、売り手、買い手、新規参入、代替製品)に分類/分析する手法である。ファイブフォース分析は、業界構造の特徴や自社の戦略ポジションを明らかにする有益な分析手法である。

ファイブフォースは、ハーバード大学経営大学院教授であるマイケル・E・ポーターが1980年に「競争の戦略」の中で提示されて以降、競争戦略のフレームワークとして世界中で活用されている。一般的には、「ポーターの5フォース」として広く知られ、業界の収益構造や競争のカギは、下記5フォースの力関係に左右される

  • 「新規参入の脅威」は、参入障壁がどれくらいあり、既存の業者が新規参入者にどれくらいの反撃を起こす可能性があるか。
  • 「代替製品の脅威」は、代替可能性の高い製品が存在し、価格対性能比が改善されやすいか。
  • 「買い手の交渉力」は、買い手が集中している、買い手のコストに占める割合が高い、買い手の購入する製品が差別化されていない、買い手から見てスイッチングコストが低い
  • 「売り手の交渉力」は、売り手が集中している、売り手の取引に占める自社業界の割合が低い、売り手の製品が差別化されており、スイッチングコストが高いといったことがあげられる。
  • 「競争業者間の敵対関係」は、多数、あるいは同規模くらいの競合企業が存在している、業界の成長が遅い、固定費または在庫コストが高い、製品差別化がない、あるいはスイッチングコストが発生しない、撤退障壁が高いといったことである。

(原著の紹介)

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–