ポーターの競争優位の戦略とは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ポーターの競争優位の戦略とは?

ポーターの競争優位の戦略とは?

knowledge

競争優位の戦略とは、競合に優位性を築くための「3つの基本戦略(コストリーダーシップ、差別化、集中)」として提唱されたフレームワークである。

競争優位の戦略は、ハーバード大学経営大学院教授であるマイケル・E・ポーターが1980年に『競争の戦略』の中で提示されて以降、競争戦略のフレームワークとして世界中で活用されている。3つの基本戦略は下記である。

  1. コストリーダーシップ
    規模の経済の追求と、経験の蓄積から効率性が増すという「経験曲線の理論」により、コスト面で最優位に立とうとする戦略です。低コストを実現することで、同じ価格の場合は競合相手より高い利益を得られ、また低価格にすれば大きなシェアを獲得するなどの優位性が得られる。
  2. 差別化
    自社の製品やサービスを他社とは違う特異なものと顧客に認知してもらい、業界での優位性を築こうとする戦略である。差別化は、ブランドイメージや商品の機能、技術力による品質、顧客サービスなどで行われる。
  3. 集中
    特定の顧客セグメント、製品の種類、地域などに資源を集中させ、特定ターゲットで低コスト、差別化、あるいはその両方を実現しようとする戦略である。

(原著の紹介)

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–