コアコンピタンスとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > コアコンピタンスとは?

コアコンピタンスとは?

knowledge

コア・コンピテンスとは、他社に真似できない企業の核となる(競争優位の源泉となる)能力のことである。コアコンピテンスは成功を生み出す能力であり、リソース・ベースド・ビューの考え方にもとづいている。
リソース・ベースド・ビュー

コア・コンピタンスは、G・ハメルとC・K・プラハラードの著書「コア・コンピタンス経営」により、1995年に広められた概念である。著書では、「顧客に特定の利益を与える一連のスキルや技術」と説明されている。

 

(原著の紹介)

(参考)リソース・ベースド・ビュー(RBV)とは?VRIO分析とは?
(参考)多角化戦略とは?アンゾフの製品-市場マトリクスとは?
(参考)プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)とは?
(参考)ハイプサイクルとは?
(参考)シナリオプランニングとは?
(参考)PEST分析とは?マクロ環境分析とは?
(参考)バランススコアカード(BSC)とは?
(参考)ブルーオーシャン戦略とは?レッドオーシャンとは?

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–