ハイプサイクルとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > ハイプサイクルとは?

ハイプサイクルとは?

knowledge

ハイプサイクルとは、テクノロジ(新技術)が社会へ認知/導入度されるまでの時間経過ごとの変化を可視化したフレームワークである。ガートナー社が提唱し、1995年以来、公表し続けている。ハイプサイクルを活用し、最新テクノロジに何を期待できるのかを理解した上で導入是非を検討することができる。

ハイプサイクルはテクノロジライフサイクルを5つの段階に分けている。

  • 黎明期
    潜在的技術革新によって幕が開く。初期の概念実証 (POC) にまつわる話やメディア報道によって、大きな注目が集まる。多くの場合、使用可能な製品は存在せず、実用化の可能性は証明されていない。
  • 「過度な期待」のピーク期
    初期の宣伝では、数多くのサクセスストーリーが紹介されますが、失敗を伴うものも少なくない。行動を起こす企業もありますが、数は多くない。
  • 幻滅期
    実験や実装で成果が出ないため、関心は薄れる。テクノロジの創造者らは再編されるか失敗する。生き残ったプロバイダーが早期採用者の満足のいくように自社製品を改善した場合に限り、投資は継続される。
  • 啓蒙活動期
    テクノロジが企業にどのようなメリットをもたらすのかを示す具体的な事例が増え始め、理解が広まる。第2世代と第3世代の製品が、テクノロジ・プロバイダーから登場する。パイロットに資金提供する企業が増える。ただし、保守的な企業は慎重なままである。
  • 生産性の安定期
    社会で広くて採用が始まり、テクノロジーが主流となる。プロバイダーの実行存続性を評価する基準がより明確に定義される。テクノロジの適用可能な範囲と関連性が広がり、投資は確実に回収されつつある。

 

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–