多角化戦略とは?アンゾフの製品-市場マトリクスとは? | ドイツ戦略コンサルティング

ホーム > Knowledge > 多角化戦略とは?アンゾフの製品-市場マトリクスとは?

多角化戦略とは?アンゾフの製品-市場マトリクスとは?

knowledge

多角化戦略とは、自社の経営資源を「新製品 × 新市場」へ投入することで、事業拡大を目指す成長戦略方針である。新製品軸(新製品で既存の技術資源を活用するか?)と、新市場軸(狙う顧客ターゲットは既存顧客か?)の2軸の組み合わせで、多角化戦略は「水平型、垂直型、集中型、集成型」の4つに分類される。

  • 水平型多角化戦略
    現在の顧客と同じタイプの顧客を対象にして、新しい製品を投入する多角化。
  • 垂直型多角化戦略
    現在の製品の川上や川下に対する多角化であり、川下への多角化を前方的多角化、川上への多角化を後方的多角化戦略
  • 集中型多角化戦略
    現在の製品とマーケティングや技術の両方、またはいずれか一方に関連がある新製品を、新たな市場に投入する多角化戦略
  • 集成型多角化戦略
    「コングロマリット型多角化」ともいい、現在の製品と既存の市場の両方にほとんど関連がない中で、新製品を新しい市場に投入する多角化戦略

多角化戦略は、1957年にアンゾフはが提唱した理論である。

 

アンゾフは製品と市場の2軸から4つに分類した「製品─市場マトリクス」を提唱した。このマトリクスにある4つの象限は以下、「市場への浸透」「市場の開拓」「製品開発」「多角化」で構成される。

  • 市場への浸透
    既存市場において既存製品の売上げを成長させる戦略。
  • 市場の開拓
    新規市場に進出し、新しい顧客を開拓し、既存製品の売上げを成長させる戦略。
  • 製品開発
    既存市場において既存顧客に新規製品を提供し、その売上げを成長させる戦略。
  • 多角化
    新規市場において新規製品の売上げを成長させる戦略。

このうち、「多角化」は冒頭で説明したように、多角化を行う方向や既存事業との関連性の違いに応じて、「水平型」「垂直型」「集中型」「集成型」の4つに分類される。

 

—————————————————————————————–
この記事は「ドイツ戦略コンサルティング」が作成しています。欧州に関する戦略/調査は、弊社にお任せください。
ご相談・お問合わせは、下記よりお願いします。
お問合わせフォーム—————————————————————————————–